坪井洋(Drs)がヨーロッパから帰国後、繭仔(Vo)と森田珠美(Key)をスカウトし結成。

プロ野球公式戦で国歌独唱も務めた繭仔の透き通る声を軸に、香りや景色まで想起させるアレンジは新しいポップスを生み出す。

 

その演奏力と個性は各方面から賞賛され、音霊や騎馬武者ロックフェス等の大型フェスに出演。

コンペティションでもグランプリや観客投票数No.1を獲得し、渋谷クアトロ出演、Motion Blueワンマン満員御礼など勢いに乗っている。

 

1st mini album「まゆたま」は二度の増刷を経て完売。

3作品目となる今夏リリースの「白昼夢は夜空の散歩」には、水野良樹氏(いきものがかり/HIROBA)が推薦状を寄せ、さらに注目を集める。